芝生の除草剤HOME > 芝生用殺菌剤 タフシーバフロアブル

芝生の除草剤

芝生用殺菌剤 タフシーバ フロアブル

芝生

日本芝、ベントグラスへ使用可能な殺菌剤。
発病初期に効果的。

規格 1L/本
対象芝 日本芝、ベントグラス
主要成分 テブコナゾール、ペンシクロン
薬剤詳細メーカーサイト
↑本薬剤の詳しい情報があります。
展着剤必要に応じて加用

タフシーバフロアブルの特徴

  • 優れた予防効果と治療効果があります。
  • 比較的早い効果発現が期待できます。
  • 抗菌スペクトラムが広く、多くの病害に有効です。
  • ベントグラス、日本芝に比較的安全性の高い薬剤です。
  • 広い病害に有効で、使用時期を広くとることが可能です。[3~11月散布適期]

タフシーバフロアブルの使用量

作物名適用病害希釈倍数使用時期使用方法

ベントグラス
葉腐病(ブラウンパッチ)500倍 発病初期1m²当り0.5L散布
ダラースポット病
葉腐病(ブラウンパッチ)1000倍1m²当り1L散布
ダーラスポット病
ヘルミントスポリウム葉枯病
カーブラリア葉枯病
フェアリーリング病

日本芝
葉腐病(ラージパッチ)
ヘルミントスポリウム葉枯病
カーブラリア葉枯病
500倍1m²当り0.5L散布
フェアリーリング病1000倍1m²当り1L散布
疑似葉腐病(春はげ症)休眠期前

登録薬量1ml/m²と水量0.5~1L/m²を守ってください。
特にスポット処理を行う場合、水量が過剰になりやすいので注意してください。

対象病害の発生を確認したら、直ちに散布を行ってください。未発生部分の予防にもなります。

フェアリーリング病を防除する場合、展着剤を加用してください。効果が更に安定します。

※炭疽病と思われる病徴の場合、確実な病害診断を行ってください。類似した病徴でタフシーバフロアブルが効きにくい病害(細菌病やピシウム病など)では、手遅れになる恐れがあります。

芝生除草剤 一覧

芝生の関連薬剤

使える関連資材