芝生の除草剤HOME > 散布液の作り方

芝生の除草剤

芝生の除草剤、散布液の作り方

※薬剤のラベルに記載されている、「使用回数」や「総使用回数」は、年間を通してその薬剤や、同じ成分の薬剤を散布する合計回数となります。
使用回数を超えての散布は、芝生に薬害が出るおそれがありますのでご注意ください。

アージラン液剤を散布する場合の希釈例

【容器に記載されている使用方法】

10アール当り使用量(10アール・・・1000平方メートル)
使用時期薬量(ml)希釈水量(L)
雑草生育初期400~600200~300

春期の雑草が生え出したばかりの頃、30平方メートルの芝の庭に散布する場合

1.まず1平方メートル当りの薬量と希釈水量を出す。
薬量・・・10アールに400mlなので、1平方メートルだと0.4ml必要。
希釈水量・・・10アールに200Lなので、1平方メートルだと0.2L(200ml)必要。

2.次に30平方メートルに散布するのでそれぞれを30倍して、 薬量12ml、希釈水量6Lを混ぜ合わせて均一に散布する。

※薬剤の表示ラベルには、400~600というように量に幅のある表示がされていますので、初めて散布する場合は、濃度があまり濃くならない程度で散布することをおすすめ致します。
※薬剤の表示ラベルには、散布にあたり注意すべき事項が書かれておりますので、散布前にしっかりと目を通してください。

芝生の関連薬剤

使える関連資材